ムツブロ!

ムツブロ!

好きな曲を紹介するかも

cinema staff/great escape 視覚まで楽しませる1曲

アーティスト:cinema staff

曲:great escape

 

 昨日一昨日とお休みして申し訳ないです。就活クソです。はい笑

さて今回紹介する曲は「great escape」です。アニメや漫画が好きな人は知ってるのではないでしょうか。

 

cinema staff

twitter.com

www.youtube.com

chinema staffは辻さん、飯田さん、三島さん久野さんの4人で構成されているバンドです。辻さん、三島さん、久野さんの3人が高校生時代に作った「REAL」というバンドに久野さんが加わり、現在のバンドになっています。元々は高校生になったらバンドをやりたいという飯田さんがライブハウスで偶然会い、意気投合して弾き語りをしていた三島さんをさらに加えバンドが始まったそうです。面白い出会い方をしていますね。こういうのを運命の出会いというのかもしれませんね。メジャーデビューは2012年です。そして翌年に今回紹介する「great escape」が「進撃の巨人」のEDに採用されました。私はこの時初めてcinemastaffさんの事を知ったのですが、即ドハマリした記憶がありますね笑

great escape

www.youtube.com

進撃の巨人

この曲はアニメ「進撃の巨人」のEDとして採用されて話題となりました。多くの方が知るキッカケになったのではないでしょうか(私の場合はアニメは見ていないけど)。

 イントロからラストまでカッコいいのですが、やっぱりイントロのドラムからのギターが最高の1曲だと個人的には思っています。ここだけをリピートしまくっていました笑。音も勿論なのですが、弾き方もカッコ良すぎて痺れます。なんと言えば正しいのか定かではないですが、弾き方がこんなにもカッコいい方も珍しいと思います。iTunesで再生するのもいいのですが、動画で見て、聴いてと感覚をフルに使って欲しい1曲です。

 

great escape

great escape

  • provided courtesy of iTunes

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このブログでは、他のアーティストさんや曲を紹介しています。暇な時間に是非!

ツミキ/トオトロジイダウトフル 繰りかえしリピートしてしまう1曲

アーティスト:ツミキ

曲:トオトロジイダウトフル

 

 

 さて今回紹介する曲はツミキさんの「トオトロジイダウトフル」です。曲名からセンスを感じる、スタイリッシュな曲です!

 ツミキ

twitter.com

www.nicovideo.jp

www.youtube.com

 ツミキさんはニコニコ動画発でYouTubeにも投稿をされているボカロPさんです。初投稿の「トウキョウダイバアフェイクショウ」がVOCALOID殿堂入り(ニコニコ動画10万回再生を超えたVOCALOID曲にのみ許されたタグの名称です)を達成、2018年9月現在では30万回以上の再生をされるなど、成長著しいアーティストさんです。ツミキさんの曲はスピード感と独特な表現が特徴的で、心を鷲掴みにされます笑今回紹介する曲はそんなツミキさんの第4作目となる曲です。(イサイ/アンブレラ/ロクガツ/ドライフラワという曲もあるのですが、"公式では"Full verは公開されていません(正確にはリンクが切れている)。一応30秒弱の動画がTwitterに上がっていたので貼っておきます。

 

トオトロジイダウトフル

www.nicovideo.jp

タイトル

 前奏でタイトルの「トートロジー」の説明がありますが、情報量が多すぎてナンノコッチャと頭を悩ます方も多いと思いますので軽く説明します。(ついでにダウトフルも)

 まず「トートロジー」ですが、基本的には動画の通りで、同語反復(難しいですね)というものです。補足のために分かりやすい例えをもう少し出すと「猫は猫」「新しい新曲」などが挙げられます。このようなものを「トートロジー」といいます。要は同じ意味、価値を表す言葉を繰り返すのが「トートロジー」です。この曲中にたくさんトートロジーなフレーズがあるので探してみてください笑

 次に「ダウトフル」ですが、英語だとdoubtful、意味は「曖昧」「不確かな」「怪しい」といった意味を持ちます。この動画のサブタイトルが「Lie」つまり「嘘」ということと、歌詞から考えると「不確かな」という意味が一番近いのではないでしょうか。間違っていたらごめんなさい笑

 ツミキさんらしさ、アイデンティティーとも言える唯一無二のスピード感がこの曲でも溢れんばかりに出てきています。ただし、スピード感をずっと出し続けるだけではなく、メリハリもあり、単調さを消しています。サビ前の「頭痛が痛いんだ!」のフレーズの前後は少し抑えていて、その後に来るサビをより迫力のあるものに強調しています。gumiの扱い(調教と言うんですかね?)がとても上手です。こういうのが好きな私には堪らないですね笑リピート止まらぬ。

歌詞

 歌詞が特徴的というか文才を感じます。(ちょっと難しいところや漢字もありますが、調べれば分かります)特に好きなフレーズがあって、それは「悪役の悪役は悪役じゃないか」という部分です。最初聴いた時、「おおお、言われてみれば!」とハッとしましたね。よく敵の敵は味方などと言いますがあれって冷静に考えれば、完全に勘違いですよね笑。あとはサビのところ、繰り返すパートは自分自身が誰なのか問い続け、「存在しているのか」という問に対する答えを探し、そのために藻掻いている感じがヒシヒシと感じます。

 

Wami

私はボカロ曲に関しては歌い手さんを探すいいキッカケだと考えているので、ここでこの曲に合う歌声をしている歌い手さんを紹介させていただきます。Wamiさんです。Wamiさんの説明や魅力はまた今度別の記事で紹介したいので、ここでは動画だけ貼らさせていただきます(Wamiさんごめんなさい)

www.youtube.com

 

 いかがでしたでしょうか。スピード感と文才に溢れた1曲だったと思います。もっと評価されるべき曲だと私は感じたので今回紹介させていただきました。また、新曲が7月に出ているのでそちらも是非聴いてみてはいかがでしょうか。新曲もツミキさん要素が溢れていますよ!笑

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このブログでは様々なアーティストさんや曲を紹介しています。是非他の記事も読んでみてください!

完全に余談。どうぶつの森が2019年に発売決定。

どうもムツブロ!の中の人です。

いやぁ急に発表来ましたね笑スマホ版が出た時は終わった...もうどうぶつの森スマホに移行するのか....とかなり絶望していたので特に情報収集してなかったのですがまさかの発売決定。嬉しすぎ。

Twitterの方でも言ったのですが、それこそ日記のような感覚でどうぶつの森を実況というわけではないですが、あれやったよーこれやったよーみたいな感じで紹介しようと思います。

いやぁ嬉しいのですがまだ信じきれてない自分がいますね笑。夢なのではないかと疑ってしまうほどに嬉しい。どうぶつの森3DS版を最後にやっていないので本当に久しぶりです。のほほんと生活するもよし、株で一攫千金を狙うスリリングな生活もよし、虫や魚を捕まえにあちこち走り回るもよし、リセットさんに怒られるもよし(良くない)。何をしても楽しめる。欲を言えば、マップがもっと広ければ嬉しい。3DS版の時は道路みたいなのを作って、周りを低木で囲ったりして、現代的な街並を作るのに奮闘した記憶があります。懐かしい。株で1億ベル稼いでカタログ埋めもしましたね。頑張って集めた虫をお金にしてそのお金で株を買ってたのですが、買った株がジリ貧タイプの時が辛かった。時間がいくらあっても足りないゲームですね本当。時間泥棒。

まだ詳しい情報は出ていないですが、これからの情報に期待が高まってしまいますね。ハードル上がってしまいます。

 

以上狂喜乱舞している中の人の心情でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

普段は曲の紹介をしています。暇な時間に読んでいただければ幸いです。

Guiano/また季節が一つ過ぎ去ってゆく(feat.flower) 時間が一瞬で過ぎ去ってゆく一曲

アーティスト:Guiano

曲:また季節が一つ過ぎ去っていく

 

本当好き...こういうの待ってた...そんな曲です...

早速ですが、今日紹介するのは「また季節が一つ過ぎ去っていく」です。

Guiano

twitter.com
www.youtube.com

(アイコン可愛い笑)

 Guianoさんはニコニコ動画出身で現在はYouTubeボーカロイド曲の作詞作曲活動を展開している方です。またYouTubeの方は登録者数が2万人を超え、これからの成長が楽しみなアーティストさんの1人です!それにしても若いです。中2で投稿を始めていらっしゃるそうです。おそらく現在は高校生かな?ただ前にも言ったのですが、Guianoさんの曲を聴いていると創作活動に年齢なんて関係ないと感じますね。別に音楽だけという訳じゃなくて、シンプルに実力が全てだと痛感してします。

また季節が一つ過ぎ去っていく

www.youtube.com

おまたせしました。今回紹介する曲です!!EDM調といって良いのでしょうか、EDM×ボカロの組み合わせ最高です!!しかもキレイめなEDM調!!脳汁溢れる笑

テンポの上げ方は相変わらず上手いし...結論から申し上げると神曲です。いや、神曲の一言で表すのは不可能であり、不十分ですね。これ以上の言葉を探さねば...いやもう本当に尊いです。

 

一度落ち着いて分解していきます。

時系列

 

イントロ

 さわやかな早朝を彷彿とさせるイントロだが、そこへEDMが入ってくる。「早朝」と「EDM」は文面だけで想像すると合わなさそうなイメージだが、聴けば見事にマッチしているのが分かる。EDMの入り方は極自然で、違和感がまったくない。しかもEDMなのでテンションが上がる。まるで朝日が出始める雲ひとつない、気持ちの良い早朝のように。

 

サビ前

「それからの僕はいつも一人さ」からのアップテンポが神。

Guianoさんのアップテンポ半端ない!中毒性が強すぎる。そしてこの勢いを残したままサビへバトンタッチ。

 

サビ

ああああああああああああ

なんて言えば良いんだああああああ笑

いや真面目にEDMの曲大好きなのに言葉に出来ないから良さをしっかり伝えられない(割と深刻)

 伝わるか分からないですが、サビの中に一瞬落ち着くところあるじゃないですか?その後のHey!(かな?多分)のところがたまんない笑そこが大好きなんです!!伝われっ!本当に鳥肌止まらないです。本当Guianoさんの曲に巡り会えてよかった。

 

ラスト

最後まで綺麗だぁ....心が清められていく...いつまでも聴いていたい....

最高です。この一言に尽きます。 

はぁ...尊い...

 

 

 いかがでしたでしょうか。後半はただ騒いでるだけですが笑いい曲と思ったらGuianoさんの他の曲も見てみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓オススメ記事

mutsu26.hatenablog.com

 

追記(2018.9.18)

Guianoさんの新曲が公開されました!貼っておきます。

www.youtube.com

 

Appleの発表会について…(2018.9.13)

ムツブロ!の中の人です。今回の記事は曲に関するものではなく、中の人の感想みたいなものなので、興味ない方はブラウザバック推奨です。

 

さて、皆さんはAppleの発表を生で見ましたか?笑一応私は見たのですが、概ねリーク通りだったと思います。予想外なのはAirpodsやAirpowerに関する新情報が無かったことですかね。(Airpowerに関しては公式サイトから消えてる)期待していただけに、残念なところではあります。

発表について中の人目線でザックリ言うと

・画面が広くなったApple watch

・iPhoneXsと画面の大きいiPhoneXs Max

・カラバリ豊富なiPhone XR

ですかね。詳しいことはこの記事では扱いません。(詳しい方々がいるのでそっちを見た方が良いと思います)

 

  それにしてもリーク当たりすぎだと思いますね。思いませんか?去年も当たってたはずです(記憶が正しければ)。素人な私目線だと、時価総額1兆ドル(日本トップのトヨタ自動車は1800億ドル)を超える世界一の企業であるAppleがこんなズバズバとリークをされるとはあまり思えないんですよね。ワザとリークを撒いているんじゃないかと疑ってしまいます。戦略なのかもしれませんが、正直何が来るんだろう!っていうあのワクワク感が好きで生で見ているのにそれがなくて残念です。知らない人も多いと思うので紹介しますが、初めてiPhoneが発表された時の発表会なんてとんでもない熱狂に包まれてましたよ。何だこれは!!っていう熱狂です。私は生では見てなかったのですがYoutube上に上がっているので気になる方は是非見てみてください。[iPhone 初代 発表会]とかで検索すれば出て来ると思います。 

  しかし、こんだけネガティブに書いてますが、PVを見ると欲しくなりますね。いやぁ流石Appleと言ったところでしょうか。AppleのPVはポチりたくなる衝動を掻き立てるのが上手だと思いますね。売れるでしょうね今年も。どこよりも。

まぁこの記事で言いたいことはやっぱり何やかんや言われながらも「Appleって凄い」ってことです笑

結論は先に書きましょうねと自分の中で反省したところでこの記事は終わりです笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

普段は曲の紹介をしてます。簡潔にまとめているので、空いている時間(5分くらいで読めます)にでも読んで頂ければ幸いです。

 

nowisee/バイブレーション 動き出した一曲

アーティスト:nowisee

曲:バイブレーション

 

 久々のnowisee!前回は7曲目である「confusion」を紹介しましたが、今回紹介するのはnowiseeの始まりといえる第1曲目である、「バイブレーション」を紹介します。すべてはここから。

 nowisee

(前回のnowiseeの記事をご覧になられた方は飛ばしてもらって構いません)

 

twitter.com

nowisee.jp

 読み方はnowisee(ノイズ)です。nowiseeは曲だけでなく映像や物語、ノベルが一体化したメディアミックス型(複数の媒体を利用し表現する手法)プロジェクトで、2015/8/15〜2017/7/18の間、24ヶ月連続で曲を公開し、「生きる意味を見つけるために藻掻く物語」を描かれました。

  メンバーについては実力で判断してもらいたいという理由からあえて正体を明かさず、ミステリアスな雰囲気が醸し出されていています。ですが調べると誰々じゃないかと考察が巡らされています笑。知りたい!という方は調べてみてはいかがでしょう。(私はミステリアスままにしときます笑)

 またオフィシャルサイトのデザインがとても凝られてるのでぜひ見てみてください!nowiseeの独特の世界感を体験出来ますよ!

 

バイブレーション


nowisee『バイブレーション』#01/24

 改めて、今回紹介する曲はnowiseeプロジェクトの1曲目「バイブレーション」です。いきなりビルから飛び降りるPVは話題にもなりました。個人的にはnowiseeの曲の中で「confusion」の次に好きな曲です。イントロはピアノで荘厳さを醸し出していて、Aメロに入ると雰囲気が一気に変わり華やかさが前面に出てきます。やっぱりこの変化を作りだしているのはヴォーカルが大きいです。儚さと力強さがここでも出てきていいですね。またサビへの感情の高まりもうまく表現されていて、こっちまで高ぶってきます。前の記事でも言いましたが、本当に訴えてくる力が半端ないです笑

ヤバイ笑。サビが終わってもそこには気持ちの良い上がり方をするアップテンポが待ち受けていて、次々と楽しませてくれて、聴いている人を飽きさせませんね。だからリピートしてしまう。編集時現在iTunesでの再生回数が150回を超えてます笑。それぐらい中毒性が高くてハマるから気をつけてください。でもMV貼ってから言っても遅いですね笑

バイブレーション

バイブレーション

  • nowisee
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 いかがでしたでしょうか。初っ端からこんな狂った曲(褒め言葉)を公開するなんてnowisee凄すぎです(語彙力の欠如)。

 このブログでは「バイブレーション」のような素晴らしい曲を圧倒的語彙力(あるとは言ってない)で紹介しています。可能な限り簡潔に紹介していますので、通勤時間や空き時間、暇すぎて悩んでいる時に是非!(読者になってくれると中の人の心が弾みます笑)

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

EGOIST/リローデッド 余韻に浸れる至高の一曲

アーティスト:EGOIST
曲:リローデッド

 

www.youtube.com

 映画「虐殺器官」カッコよかったですね。映画で見たのですが、迫力ある映画だったのを覚えています。特に降下シーンが好きです笑ただ内容が少し難しかったですね(原作読んでなかった私が100%悪い)ニワカで申し訳ないです。

 さて、今日紹介するのはこの映画の主題歌である「リローデッド」です。

 

 EGOIST

twitter.com

www.youtube.com

 EGOISTは「ギルティクラウン」というメディアミックス型(複数の媒体を使い表現する手法)作品のプロデューサーであるryo(supercell)がプロデュースした架空のアーティストです。ややこしい文章で申し訳ない笑。要はギルティクラウンから始まったアーティストだと思っていただければよいです。また最近だとアニメ「PSYCHOPASS」などでも活躍されています。(「PSYCHOPASS」に採用された曲も本当にいい曲なので今度改めてこちらも紹介させていただきます)

 またEGOISTは劇中のアーティストというコンセプトからメンバーの顔出しなどを一切していません。なのでアルバムなどを見れば分かるのですが、アルバムアート等には楪いのりのイラストが描かれています。 

ryo(supercell)

 ryoさんはsupercellというグループの作詞作曲担当のいわば、supercellの中心的な方です。supercellの有名な曲としては「君の知らない物語」あたりではないでしょうか。多分聴いた事がある方も大勢いらっしゃると思います。リンク貼っておきます。聴いたことがないという方は名曲なので是非。

君の知らない物語

君の知らない物語

  • provided courtesy of iTunes

最近だとアニメ「賭ケグルイ」OP「Deal with the devil」の作曲者でもあります。好きな曲なのでまた今度紹介します。

  

chelly

twitter.com

 EGOISTのヴォーカルの方です。少し前に「メルト」や「砂の惑星」の歌ってみた動画を公開して話題になっていましたね。あの人です。

ch.nicovideo.jp

 こちらのリンクから歌ってみた動画にいけますのでまだ聴いてないという方はどうぞ。砂の惑星すこ。

 chellyさんの歌声はカッコいいですね。ただ、カッコいいだけでなく女の子らしい可愛い余韻が残る歌声です。実はchellyさんは2000人の応募の中から選ばれた人なんです。そりゃ上手いわ笑競争に勝ち抜くだけの実力を持っているのは明白ですね。

 

リローデッド

 fullの音源がなかったのでshort verです。

youtu.be

(サムネイルがバグっていますが見えます。もし見えない方は↓のリンクを)

EGOIST 『リローデッド』Music Video -Short Ver.- - YouTube

 

 少し前置きが長くなりましたが、曲の紹介に入ります。Fullじゃないのあれですが、どうでしょうか。めちゃカッコよくないですか?私は映画がキッカケで知ったのですが、鳥肌になったのを鮮明に覚えていますね。それぐらい全身に衝撃が走る曲でした。EDMっぽいテンポや少しダークな雰囲気を持ち合わせています。そしてCメロからラスサビではchellyさんの可愛い余韻に浸れます笑。個人的にはCメロからラスサビへ移るところの溜め方が最高ですこういう所に痺れる笑。是非ともFullで最後まで聴いて欲しいですね。

リローデッド

リローデッド

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  またこのリローデッドが入っているアルバムはharmonyの「Ghost of a smile」と屍者の帝国「door」が収録されている豪華なアルバムです。どちらもいい曲なので聴いて欲しいですね。まぁ多分「伊藤計劃」を知っている人はすでに知っていると思いますがね笑

リローデッド

リローデッド

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥1200

 

 いかがだったでしょうか。 少しでもこの曲の魅力が伝われば幸いです。このブログでは曲の紹介を1記事ではありますが毎日更新を目標に掲げ投稿しています。出来るだけ簡潔にまとめていますので、そちらも是非!

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 (以下少し長い余談)

 突然ですが、YouTube上に公式以外が音楽を投稿するのは著作権に当たらないのでしょうか。chellyさんの歌ってみた動画をYouTube上で検索したら色々出てきたので流石に気になります。もし著作権に当たるのであれば、著作権に触れるリスクを冒してまで投稿したいのか、疑問を持ちます。一応言っておきますが、違法に曲を投稿する人やそれを見ている人を擁護する気は一切ありません。もっと言うとこういうのは見る人(視聴者)が悪いです。YouTubeに違法に投稿された曲を「やった無料だ!」と飛びついてしまう事によって、動画投稿者には広告料が入ります。すると動画投稿者は「儲かった!また投稿しよう!」となります。別にこれは不自然でもなんでもなく自然な行動です。動画投稿者は営利を追求しますからね。こういう事言うと視聴者の人は「知らなかったからしょうがない」とよく言いますけど、動画投稿者が誰なのか、再生をする前に分かるので私の中ではこの言い訳は通用しません。調べれば公式や大手レコード会社が公開した動画なのかどうか分かりますからね。つまり罪の意識のない視聴者によって著作権に引っかかるような動画が増えていきます。ただ私見ではありますが、視聴者は金が掛からないので視聴者が罪の意識を持つのは難しいと思いますね。損をしていないから気付きもしないでしょう。また動画投稿者も儲かっているので著作権に引っかかるリスクなんて考えていないでしょうね。金が絡むと人間は短絡的、短期でしか物事を判断出来なくなりますからね。金にはそういった魔力があります。個人的には視聴者にも罰を与えるべきだと思いますね。そうすれば視聴者は損をしないように、罰を受けないようにするため動画投稿者が誰なのかを意識し、少しは罪の意識を持つでしょう。本当に人間は利己的です。善良な心を持ってるとか思わないほうがいいです。如何に得するか、楽をするかしか考えません。

 そう考えると公式や大手レコード会社が曲を公開するのが良い気がしますね。公式や大手レコード会社に広告料が入り、同時に知名度の向上にも繋がり、視聴者も無料で聴ける。さらに罰を与えずに済む。(法律を増やさないで済む)

 まぁこんな本編並に長い余談で何が言いたいのかと言うと、この記事を読んで下さっている皆さん(いつもありがとうございます)には是非とも正規のルートで曲を聴いて、こういう負のスパイラルには引っかからないでもらいたいということです。余談でした。最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。ここまで読んでくれる人はきっと善人(自己論破)