ムツブロ!

ムツブロ!

好きな曲を紹介するかも

EGOIST/リローデッド 余韻に浸れる至高の一曲

アーティスト:EGOIST
曲:リローデッド

 

www.youtube.com

 映画「虐殺器官」カッコよかったですね。映画で見たのですが、迫力ある映画だったのを覚えています。特に降下シーンが好きです笑ただ内容が少し難しかったですね(原作読んでなかった私が100%悪い)ニワカで申し訳ないです。

 さて、今日紹介するのはこの映画の主題歌である「リローデッド」です。

 

 EGOIST

twitter.com

www.youtube.com

 EGOISTは「ギルティクラウン」というメディアミックス型(複数の媒体を使い表現する手法)作品のプロデューサーであるryo(supercell)がプロデュースした架空のアーティストです。ややこしい文章で申し訳ない笑。要はギルティクラウンから始まったアーティストだと思っていただければよいです。また最近だとアニメ「PSYCHOPASS」などでも活躍されています。(「PSYCHOPASS」に採用された曲も本当にいい曲なので今度改めてこちらも紹介させていただきます)

 またEGOISTは劇中のアーティストというコンセプトからメンバーの顔出しなどを一切していません。なのでアルバムなどを見れば分かるのですが、アルバムアート等には楪いのりのイラストが描かれています。 

ryo(supercell)

 ryoさんはsupercellというグループの作詞作曲担当のいわば、supercellの中心的な方です。supercellの有名な曲としては「君の知らない物語」あたりではないでしょうか。多分聴いた事がある方も大勢いらっしゃると思います。リンク貼っておきます。聴いたことがないという方は名曲なので是非。

君の知らない物語

君の知らない物語

  • provided courtesy of iTunes

最近だとアニメ「賭ケグルイ」OP「Deal with the devil」の作曲者でもあります。好きな曲なのでまた今度紹介します。

  

chelly

twitter.com

 EGOISTのヴォーカルの方です。少し前に「メルト」や「砂の惑星」の歌ってみた動画を公開して話題になっていましたね。あの人です。

ch.nicovideo.jp

 こちらのリンクから歌ってみた動画にいけますのでまだ聴いてないという方はどうぞ。砂の惑星すこ。

 chellyさんの歌声はカッコいいですね。ただ、カッコいいだけでなく女の子らしい可愛い余韻が残る歌声です。実はchellyさんは2000人の応募の中から選ばれた人なんです。そりゃ上手いわ笑競争に勝ち抜くだけの実力を持っているのは明白ですね。

 

リローデッド

 fullの音源がなかったのでshort verです。

youtu.be

(サムネイルがバグっていますが見えます。もし見えない方は↓のリンクを)

EGOIST 『リローデッド』Music Video -Short Ver.- - YouTube

 

 少し前置きが長くなりましたが、曲の紹介に入ります。Fullじゃないのあれですが、どうでしょうか。めちゃカッコよくないですか?私は映画がキッカケで知ったのですが、鳥肌になったのを鮮明に覚えていますね。それぐらい全身に衝撃が走る曲でした。EDMっぽいテンポや少しダークな雰囲気を持ち合わせています。そしてCメロからラスサビではchellyさんの可愛い余韻に浸れます笑。個人的にはCメロからラスサビへ移るところの溜め方が最高ですこういう所に痺れる笑。是非ともFullで最後まで聴いて欲しいですね。

リローデッド

リローデッド

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  またこのリローデッドが入っているアルバムはharmonyの「Ghost of a smile」と屍者の帝国「door」が収録されている豪華なアルバムです。どちらもいい曲なので聴いて欲しいですね。まぁ多分「伊藤計劃」を知っている人はすでに知っていると思いますがね笑

リローデッド

リローデッド

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥1200

 

 いかがだったでしょうか。 少しでもこの曲の魅力が伝われば幸いです。このブログでは曲の紹介を1記事ではありますが毎日更新を目標に掲げ投稿しています。出来るだけ簡潔にまとめていますので、そちらも是非!

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 (以下少し長い余談)

 突然ですが、YouTube上に公式以外が音楽を投稿するのは著作権に当たらないのでしょうか。chellyさんの歌ってみた動画をYouTube上で検索したら色々出てきたので流石に気になります。もし著作権に当たるのであれば、著作権に触れるリスクを冒してまで投稿したいのか、疑問を持ちます。一応言っておきますが、違法に曲を投稿する人やそれを見ている人を擁護する気は一切ありません。もっと言うとこういうのは見る人(視聴者)が悪いです。YouTubeに違法に投稿された曲を「やった無料だ!」と飛びついてしまう事によって、動画投稿者には広告料が入ります。すると動画投稿者は「儲かった!また投稿しよう!」となります。別にこれは不自然でもなんでもなく自然な行動です。動画投稿者は営利を追求しますからね。こういう事言うと視聴者の人は「知らなかったからしょうがない」とよく言いますけど、動画投稿者が誰なのか、再生をする前に分かるので私の中ではこの言い訳は通用しません。調べれば公式や大手レコード会社が公開した動画なのかどうか分かりますからね。つまり罪の意識のない視聴者によって著作権に引っかかるような動画が増えていきます。ただ私見ではありますが、視聴者は金が掛からないので視聴者が罪の意識を持つのは難しいと思いますね。損をしていないから気付きもしないでしょう。また動画投稿者も儲かっているので著作権に引っかかるリスクなんて考えていないでしょうね。金が絡むと人間は短絡的、短期でしか物事を判断出来なくなりますからね。金にはそういった魔力があります。個人的には視聴者にも罰を与えるべきだと思いますね。そうすれば視聴者は損をしないように、罰を受けないようにするため動画投稿者が誰なのかを意識し、少しは罪の意識を持つでしょう。本当に人間は利己的です。善良な心を持ってるとか思わないほうがいいです。如何に得するか、楽をするかしか考えません。

 そう考えると公式や大手レコード会社が曲を公開するのが良い気がしますね。公式や大手レコード会社に広告料が入り、同時に知名度の向上にも繋がり、視聴者も無料で聴ける。さらに罰を与えずに済む。(法律を増やさないで済む)

 まぁこんな本編並に長い余談で何が言いたいのかと言うと、この記事を読んで下さっている皆さん(いつもありがとうございます)には是非とも正規のルートで曲を聴いて、こういう負のスパイラルには引っかからないでもらいたいということです。余談でした。最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。ここまで読んでくれる人はきっと善人(自己論破)